IEとOutlookに重大な欠陥--米セキュリティ対策会社が報告

Dawn Kawamoto(CNET News.com) 2005年04月04日 10時08分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftのウェブブラウザ「Internet Explorer」と電子メールソフトウェア「Outlook」に、一連の重大な脆弱性が見つかったことを、セキュリティ対策会社のeEye Digital Securityが明らかにした。

 eEyeによると、この脆弱性を悪用することで、ユーザーがコンピュータを操作しなくても、リモートからコードを実行できるようになるという。この欠陥は自己繁殖型ワームがシステムに侵入するのを許すものではないが、ユーザーが知らないうちに、攻撃者にトロイの木馬ウイルスを仕掛けられ、バックドアを開けられてしまう可能性があると、eEyeのシニア・セキュリティエンジニア、Ben Nagyは述べている。

 「ユーザーがだまされて悪質なコードを含むサイトにアクセスしようとした場合、バナー広告をクリックするだけでウイルスに感染してしまう恐れがある」(Nagy)

 この欠陥はインストールしたままの状態のOutlookとIEに存在するもので、NagyによるとeEyeでは数日前にMicrosoftに通知済みだという。eEyeではMicrosoftにパッチ開発の時間を与えるために、どのバージョンのOutlookおよびIEに存在するのかなどの詳細は明らかにしていない。このため、現時点では、eEyeの脆弱情報ページにはわずかな詳細しか掲載されていない。

 eEyeでは現在、この脆弱性がどのプラットフォームに影響し、それがどの程度の深刻度なのかを調べるために、さまざまなプラットフォームで独自のテストを行っていると、Nagyは付け加えた。

 これまでのところ、この脆弱性を突く攻撃コードが開発されたという情報は入っていないとNagyは述べている。

 「Microsoftは脆弱性が存在し、それが本物であることを認めた。しかし、同社がこの脆弱性に対応するパッチを月例パッチのリリースまで待たずに公開するかどうかは疑問だ」(Nagy)

 一方Microsoftは、内々に報告されたこの件に関して脆弱性の可能性などを調査中だと述べている。

 「いまのところ、われわれはこの脆弱性を悪用した攻撃があったという話や、顧客がこの問題の影響を受けたという話は聞いていない」とMicrosoftの広報担当者は述べている。「Microsoftでは、この調査が終わり次第、顧客を保護するための適切な対応をとることになる」(同広報担当者)

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算