編集部からのお知らせ
Pick up! ローコード開発の行方
「これからの企業IT」の記事はこちら

オンラインカレンダーアプリ「Trumba」の評判

Chris Jablonski

2005-05-10 21:00

 3月にCNET News.comでお伝えした通り、Trumbaはオンラインカレンダーアプリケーションだ。ユーザーはTrumbaを使って、スケジュールを管理したり、ウェブを介して知人と情報共有したりすることができる(同アプリケーションのスクリーンショットはこちら)。同アプリは、4月中旬から無料ベータ版が提供され始めた。Alex BosworthやDavid AscherなどのブロガーはこぞってTrumbaを試し、同アプリに対して好意的な意見を述べている。RedMonkのStephen O'Gradyはブログのなかで、デザインは上出来だし、時差を管理する機能などは特に優れていると述べている。

 だがO'Gradyも不満がないわけではなさそうだ。同アプリは、iCalやCSV、txt、vcs、Excelのxlsなどのさまざまなファイル形式と互換性があるとされているにも関わらず、一部のiCalファイルをインポートできない、と同氏は述べている。

 O'Gradyは、Trumbaのように洗練されたカレンダーアプリに対する需要が今後高まるだろうと予測し、その理由として以下3点を挙げている。

  • ここ数年、この分野では全く進歩が見られなかった。
  • 誰もが、さまざまな予定を抱えている。
  • 誰もが、カレンダーアプリをモバイル端末(少なくとも携帯電話)からも操作したいと望んでいる。

 Trumbaには広告が掲載されない。そのため、同アプリを利用するユーザーは、年間40〜50ドルを支払う必要がある。ただし、無料のカレンダーサービスを捨ててTrumbaに乗り換えるようユーザーを説得できなかったら、このアプリはおしまいだ。Bosworthによると、Trumbaには強烈な訴求力を持つ機能が欠けているという。しかし、同氏はこのアプリケーションがスケジュール管理を社会活動の一環として捉えている点を評価する。機能強化や操作性の向上といったことはさておき、Trumbaの成功は、コミュニティ・スピリッツをユーザーの間で醸成し、Craiglistのように繰り返しアクセスしてもらえるかにかかっている。Craigslistは、バナー広告のないすっきりしたデザインの無料コミュニティサイトで、18人のスタッフによって運営され、利益優先の営業をしていないにも関わらず、1カ月あたり20万ページビューを稼ぎ出している。

 なお、Trumbaの正式版は2005年夏にリリースされる予定だ。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    社員の生産性を約2倍まで向上、注目の企業事例から学ぶDX成功のポイント

  2. コミュニケーション

    真の顧客理解でCX向上を実現、いまさら聞けない「データドリブンマーケティング」入門

  3. クラウドコンピューティング

    家庭向けIoT製品の普及とともに拡大するセキュリティとプライバシー問題─解決策を知ろう

  4. クラウドコンピューティング

    クラウドの障害対策を徹底解説!4つの方法とメリット、デメリット

  5. セキュリティ

    サイバー犯罪の標的となるMicrosoft製品、2019年に悪用された脆弱性リストからの考察

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]