「COBOLよ、永遠なれ」とはいかない理由

Phil Windley 2005年05月26日 22時24分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 (OS/390を使うエンタープライズITエンジニア向けの情報サイト)Search390に、メインフレームとCOBOLに関するMicro Focus社の調査結果が出ていた。この調査によると、メインフレームコンピュータ上で使われている言語はいまだにCOBOLが圧倒的で、同言語を使うプログラマーの年齢の中間値は45歳から59歳だという。そこで出てくるのが、次の世代のCOBOLプログラマーをどこから連れてくるのかという問題だ。

 新しいCOBOLアプリケーションがどれだけ書かれているかというのは重要な事柄だが、上記の調査結果には含まれていなかった。世の中には、COBOLで書かれたソースコードが1800億〜2000億行存在すると言われている。だが正直なところ、20年以上も前のコードを保守する仕事をしたいとは誰も思わないだろう。

 私は以前ユタ州のCIOを務めていたが、同州ではメインフレーム上で古いCOBOLアプリケーションを走らせていた。そのうちのいくつかは、多くの州政府機関にとって、最もミッションクリティカルで重要なアプリケーションだった。一方で、機会が訪れれば積極的にこれらを新しいアプリケーションに取り替える努力もした。単にCOBOLで書かれていたからという理由でそうしたのではなく、古すぎて、われわれが必要とする機能的な要件を満たしていなかったからだ。何かの機能を追加するために、COBOLを使って大規模なリファクタリングをすべきだとは誰も考えなかった。

 Search390の記事で指摘されているポイントの1つは、コンピュータ科学専攻の学生にCOBOLを学ばせるべきだというものだ。私だったら、自分の子供にはもちろん、私が教えている学生たちにも勧めない。私は、彼らがオフショア化の波に影響されない知識とスキルを身に付け、そういう仕事を見つけられるように指導している。私から見れば、COBOLを保守する仕事はその中には入らない。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算