編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事まとめ:DX推進、IT人材や内製化動向

日本NetAppがミッドレンジ向けストレージ新機種の受注を開始

日川佳三(編集部)

2005-05-26 23:21

 日本ネットワーク・アプライアンスは5月27日、FibreChannelやiSCSIによるSANアクセスやNASファイルシステム・アクセスなどマルチインターフェースで使えるストレージ製品のミッドレンジ新機種「NetApp FAS3020」(最大84Tバイト)と「同3050」(最大50Tバイト)の受注を開始する。高さは6Uラックマウント大。価格はFAS3020が400万円前後から。

NetApp FAS3020の本体

 FASのコントローラが搭載するOSであるData ONTAPは、マルチインタフェースのほか、仮想化技術によって事前にパーティショニングすることなく動的にディスク領域を割り当てる機能や、RAID-4から見てコストの増大を抑えつつ信頼性を向上するRAID-DP構成機能などを備える。

 RAID-DPは、FASで選択可能なもう1つの構成であるRAID-4の考え方をベースとしつつ、RAID-4を拡張した構成である。RAID-4はパリティ情報専用ディスクを1台用意したストライピングセットであり、RAID-DPは、RAID-4にさらに1台、パリティ情報専用のディスクを用意する。RAID-4セット全体のパリティを対角線で計算して専用ディスクに保存する。これにより、同一RAID内で同時に2個のディスクが壊れても復旧可能である。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]