米団体、フィッシング詐欺に関する情報のデータベース化に着手

Joris Evers(CNET News.com) 2005年06月03日 16時27分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 カリフォルニア州サンノゼ発--Anti-Phishing Working Groupが、フィッシング関連のデータを蓄積する中央リポジトリを構築する活動を進めている。インターネットユーザーを保護し、ネット犯罪者の取り締まりを支援することが目的だ。

 Anti-Phishing Working Groupの研究員Patrick Cainによると、同団体は、所有するフィッシング詐欺に関する情報をデータベース化することにより、メンバーが情報共有や分析を行えるようにしたという。また、フィッシング攻撃に関するデータの提供を促進するため、フォームから入力されるデータがXML文書として管理されるようにした。

 同氏は米国時間1日、当地で行われた電子メールに関する会合「Inbox」で取材に応じ、この中央リポジトリをフィッシング関連情報の「クリアリングハウスにしたい」と語った。

 同氏によると、集められたデータは、インターネットユーザーを保護する製品や攻撃の分析に使われるという。また、ここでの分析が、規制当局によるフィッシング犯の逮捕に役立つ可能性もある。同団体は、既に約75000件分のフィッシングメールに関する情報を保有していると同氏は述べる。

 Anti-Phishing Working Groupは、フィッシングやそれに関連する攻撃の結果起きるなりすましや個人情報盗難を撲滅する目的で、2004年に設立された。同グループには、銀行やインターネットサービスプロバイダ、法執行機関、技術ベンダーが参加している。

 新しいデータベースにアクセスできるのはAnti-Phishing Working Groupに参加するメンバーのみ。また、データ提供者は特定の情報を開示しないことを選択することが可能だ。フィッシング詐欺の被害を受けた企業は、信用に傷がつくことを恐れ、被害を公表したがらない場合があると、Cainは言う。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算