ユーティリティコンピューティングは普及するか

Dan Farber(ZDNet.com) 2005年06月21日 18時16分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 電気のように、コンピュータ資源も必要なときに必要なだけ利用できるものになるかどうか、News.comのMartin Lamonicaが何人かの業界幹部に意見を聞いている。これについて、大多数の幹部が述べたのは、アプリケーションの種類や企業によっては「ユーティリティ」コンピューティングが効果を発揮するかもしれないが、ITの世界を一夜にして変貌させるような強力な影響力をもつようなものではない、ということだった。CiscoのCTOであるCharles Giancarloは、「(ユーティリティコンピューティングは)中小規模の事業で利用するのなら、意味があるかもしれない。だが、大企業の場合、アプリケーションを自社ネットワークの外に置くべきか中に置くべきかは、コストやネットワーク効率など、さまざまな要素によって違ってくる」と述べた。「大企業の中には、どのユーティリティコンピューティングサービスのプロバイダよりも安く、効率的に、自社アプリケーションを実行できるところがある」(Giancarlo)

 Martinは、Nick Carrが書いた記事「The End of Corporate Computing」に反対の視点に立っている。同記事でCarrは、分散化された資産としてのITから、中央配置型のユーティリティサービスへ移行することによって、過去数十年に起こったPCやインターネットの登場よりもはるかに大きく世界は変化するだろうと論じている。私は4月にCarrの記事に関するブログを書いて、やがてはコンピュータ資源も、電気のように使いたいときに使えるユーティリティになるという意見にほぼ賛成した。だが、私はこのときに、文化的、経済的な障壁がなくならない限り実現は不可能だと述べた(ITで実現される機能の多くはサービスとして提供したほうがよく、明らかにコストを削減できるという事実を踏まえて)。歴史的に見て、ユーティリティコンピューティングの普及のほうが、PCやインターネットの登場よりも意義深いものであるかどうかは、歴史家が考えるべきことだ。だが、これから数年の間にユーティリティコンピューティングを意識して、文化や技術面などの準備を進めない者は、今後の競争を有利に進めることが不可能になるだろう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
ハードから読み解くITトレンド放談
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
Gartner Symposium
企業決算
ソフトウェア開発パラダイムの進化
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化