編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

JAL、IT資産管理ツールを導入--住商情報システムが導入実施

ニューズフロント

2005-07-29 17:19

 日本航空(JAL)は7月29日、米ITM SoftwareのIT資産管理ツール「ITM Business Suite V2.0日本語版」を導入し、運用を始めたことを発表した。導入作業は住商情報システムが担当した。

 ITM Business Suite V2.0日本語版は、IT資産の管理やITコストの可視化など、ITガバナンスおよびITビジネスマネジメントをコンセプトとするソフト。「JALのように、散在するIT資産とプロジェクトをまとめ、効率的に管理し、そのコストを把握したいニーズへの実践的なサポートも大きな特徴の1つ」(住商情報システム)

 JALは、(1)プロジェクト標準管理プロセスの確立、(2)プロジェクトモニタリングの実施、(3)IT投資の標準管理方法の確立、(4)ITコストの可視化という4項目をテーマと定め、同パッケージの導入を決定した。

 同パッケージのうち、「ITMファウンデーション」「プロジェクト・ポートフォリオ管理」「ファイナンス・リソース管理」という3つのモジュールについては、すでに5月よりサービスを運用している。「ベンダーリレーションシップ管理」「ヒューマンキャピタル管理」「ガバナンスコンプライアンス管理」の3モジュールについては今後サービスを開始する。

住商情報システムのプレスリリース

日本航空

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]