編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

Greenplumなど3社、オープンソースBIツールをリリース

Martin LaMonica (CNET News.com)

2005-08-05 13:01

 ビジネスインテリジェンスベンダー3社が、プロプライエタリなデータベース製品の代替となる、オープンソースのパッケージ製品をリリースした。

 Greenplum、JasperSoft、Kinetic Networksの3社は米国時間3日、データ分析ツールおよびGreenplumが専門とするビジネスインテリジェンスデータベースを含む、ソフトウェア/ハードウェアのバンドル製品を発表した。同製品は、Greenplumが提供する「Bizgres Project」から入手できる。

 このバンドル製品は、オープンソースデータベース「PostgreSQL」の1バージョンで、大規模な分析データベースの構築に特化された、GreenplumのBizgresを基礎としている。

 また、Greenplumは同日、オレゴン州ポートランドで開催された「O'Reilly Open Source Convention」において、Bizgresのバージョン0.7をリリースした。

 アナリストらは、オープンソースデータベースの存在は、リレーショナルデータベース市場全体に大きな影響を与えつつあり、特にローエンド向け製品市場にとっては脅威となっていると分析する。広く利用されている一般的なデータベースの代表例としては、PostgreSQLとMySQLが挙げられる。

 同バンドル製品を提供することで、Greenplumとそのパートナー企業は、ビジネスインテリジェンス分野に投下される企業の資金を獲得していきたいと考えている。企業の間では過去数年間、同分野に比較的安定的な予算が振り分けられている。

 3社のうち、JasperSoftはオープンソースレポートツールを、Kinetic Networksはコンサルティングサービスおよびデータ移行ツールを提供するという。

 オープンソースのビジネスインテリジェンス製品はこのほかにも、Eclipse Foundationから入手できる。この製品は「Business Intelligence and Reporting Tools(BIRT)」と呼ばれ、ビジネスインテリジェンスベンダーActuateが開発したものだ。同製品は、6月にバージョン1.0がリリースされた。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]