編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

Excelファイルからウェブアプリを自動生成、ジャスミンソフトが開発ソフト新版を出荷

日川佳三(編集部)

2005-08-31 14:02

 Javaソフト開発ベンチャーのジャスミンソフトは9月20日、Excelファイルを表形式画面を持つウェブアプリケーションに変換する開発ソフトの新版「JasmineSoft Harvest R4.0」を出荷する。価格は1開発プロジェクトあたり10万円からで、次年度年間保守料は4万円から。

 Harvestは、Excelファイルで表現した表形式のデータ項目を元に、表形式画面を持つウェブアプリケーションを自動生成する開発ソフトである。生成したアプリケーションは表形式アプリケーションとしての基本機能を備える。Harvestの出力を、より詳細なアプリケーションを開発する際のひな型としても利用可能である。

 Harvestの入力はExcelファイルである。出力は、(1)Javaのソース・コード(*.java)、(2)Excel形式で表現したアプリケーションの定義ファイル、(3)Apache Jakarta Projectが開発したオープンソースのServletコンテナであるTomcatの設定ファイル、以上である。いずれも可読性の高いテキスト・データである。

 開発したアプリケーション本体は、ソースをコンパイルしたクラス(.class)と、クラスをまとめたアーカイブ(.jar)の形式で手に入る。Tomcatをインストールしたウェブアプリケーション・サーバにTomcatの設定ファイルとjarファイルを適用することで、ウェブアプリケーションの導入が完了する。

 新版であるR4.0では、データ項目とデータだけを持つExcelファイルをHarvestのアイコンにドラッグ・アンド・ドロップするだけで成果物を出力するようにした。つまり、開発作業がまったく必要なくなった。従来は、あらかじめアプリケーションの機能定義を独自の表記方法で入力ファイルとなるExcelファイルに含めておく必要があった。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]