日本オラクル、国内向け独自機能の実装にインドと中国の開発リソースを活用

ニューズフロント 2005年09月08日 20時07分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本オラクルは9月8日、Oracle Applications製品において日本の商習慣や法規制に対応した機能(ベースライン)を、これまで以上に迅速に標準機能として実装することを目的に、グローバルな開発体制を強化することを発表した。

 これまで日本オラクルは、企業の製品機能強化のニーズに対応するために、Japan Development Center(JDC)による本社開発部門への日本化機能要求、パートナー企業のノウハウに基づくテンプレート資産「Oracle NeO」ブランド、オラクル・コンサルティングのプロジェクト遂行ノウハウで構築したテンプレート資産「Business Flow Accelerator(BFA)」など、それぞれ継続的に拡充してきた。

 中でもテンプレート資産の充実により、低コスト・短納期のプロジェクト遂行ニーズへの迅速な対応を実現。同テンプレート資産は、追加機能およびプログラムコード、標準業務フローおよびセットアップ、テンプレート導入手法および付随文書・導入サービスの3つで構成されている。

 今回、日本オラクルでは、複数のテンプレートに共通する日本独自の機能を、早期に標準製品として取り込み、パートナー企業や顧客のテンプレート開発・実装工数、維持運用コストを削減することを目的に、インドおよび中国に日本化機能開発担当の専属エンジニアを配置。日本化機能をさらに迅速に開発、投入するグローバルな体制を整えた。

 インド・中国の開発体制は、オラクル本社が開発しているOSSI(Oracle Solution Services India)、IDC(India Development Center)、CDC(China Development Center)の活用により、オラクル製品の開発標準に基づいた高品質な日本化機能の実装を実現できるだけでなく、万一の障害に対してのサポートサービスも従来の製品と同様に提供できる。

 この開発体制により、現行のバージョンおよび2006年に出荷が計画されている次期バージョンに対応した新たな日本化機能を提供する。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連キーワード
開発

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算