編集部からのお知らせ
テレワーク関連記事一覧はこちら
新着PDF:RPA導入企業、その後

NEC、システムの将来の負荷状況や障害発生を予測するエンジンを開発

WebBCN (BCN)

2005-09-20 11:05

 NEC(金杉明信社長)は、ITシステムや通信インフラなどの大規模システム の性能データから、将来の負荷状況や障害発生を予測する時系列データマイニ ングエンジン「TrendLiner」を開発した。

 CPU使用率やIO密度(単位時間あたりの入出力命令の回数)など、コンピュー タの負荷性能を示す時系列データのパターンをリアルタイムに学習し、将来の 性能値を予測する。これにより、性能値が限界に到達してメモリ不足や装置の 負荷過剰のために障害が発生する時期を予測し、障害を未然に防げる。また、 長い周期の予測に対しては長い時間間隔で、短い周期の予測に対しては小さい 時間間隔でデータを集約することで精度を向上させ、計算時間を削減。加えて、 独自の「階層化モデリング手法」を開発・適用することで、従来の手法よりも 約100倍の高速化に成功した。

 同社によると、同技術をBIGLOBEのASP事業で運用中のストレージデバイスの 性能データの将来予測に実験的に適用したところ、代表的従来手法(線形回帰 予測法)に比べて将来性能値の予測誤差を30%削減できたという。今後は、同 社のディスクアレイ製品「iStorage」向け管理ソフトウェアへの搭載を予定し ている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]