構築コストがPBXの3分の2--ネットマークスのSIP対応コンタクトセンターシステム

ニューズフロント

2005-10-07 17:59

 ネットマークスは10月7日、SIP対応コンタクトセンターシステムの販売を開始すると発表した。PBXを配置する必要がなく、コスト効率に優れたコンタクトセンターを迅速に構築できる。

 同社が販売するシステムは、ジェネシス・ジャパンの新型サーバ「Genesys SIP Communication Server(SIP-CS)」を中心に構成されている。ジェネシスの国内コンタクトセンター市場におけるシェアは6割以上あり、既存ユーザーは現在利用している各種アプリケーションを引き続き利用できるので、スムーズな移行が可能になる。

 ゲートウェイには米Network Equipment Technologies(net.com)の「SHOUTip」を採用。IP電話機は、サクサやシスコシステムズのSIP対応固定電話を利用できる。LAN部分も、マルチベンダー環境での構築が可能。IPベースでシステムを構成し、通話制御プロトコルにはSIPを採用しているため、ほかのSIPベースのアプリケーションと連携することもできる。ネットマークスは、「ベンダーの固定化や複雑なアップグレード、高価な維持コストを回避でき、構築後の柔軟な運用が可能になる」としている。

 また、PBXを利用した従来システムに比べて、中規模コンタクトセンターの立ち上げにかかる構築期間を大幅に短縮できるほか、個人情報が格納される各種サーバ類をデータセンターに集約するので、個人情報保護やセキュリティ面も強化できる。さらに同社は、「構築コストが従来のPBXを利用したシステムに比べ、約3分の2で済む」としている。

 同システムの主なターゲットは中規模コンタクトセンターだが、導入企業の状況に応じて段階的な導入や最大1000席までの拡大も可能。ネットマークスでは、SIP対応のコンタクトセンターシステムにより、今年度10億円の売り上げを予定している。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]