編集部からのお知らせ
新着PDF:商用5G活用を考える
テレワーク関連記事一覧はこちら

ネットマークス、セキュリティ強化版ファイアウォール運用代行サービスを開始

ニューズフロント

2005-09-12 16:21

 ネットマークスは9月12日、ラックと提携し、セキュリティ強化版ファイアウォール運用代行サービス「Firewall24+」の販売を開始した。ファイアウォールの設定変更およびパッチ適用を代行する既存の「ファイアウォールマネージドサービス」に、セキュリティ監視などの機能を付加して提供する。

 ファイアウォール代行サービスにおいて24時間365日リアルタイムに監視し、ログ解析をするとともに、ラックが提供するセキュリティ情報を活用してセキュリティ面の強化を図った。新たなセキュリティ上の脅威が発生した場合は遠隔操作で不正アクセス対策を実施できる。ネットマークスでは、2005年9月から1年間で300セット、4億円の売り上げを見込んでいる。

対応機器は以下のとおり

  • 製品名:Juniper Networks NetScreen
  • OS:ScreenOS 4系、5系
  • ハードウェア:NetScreen-5シリーズ、NetScreen-25、NetScreen-50、NetScreen-200(予定)

 ネットマークスでは2005年12月まで、初期費用無料キャンペーンと、実際のサービス内容を体験できるトライアルキャンペーンを実施している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]