編集部からのお知らせ
令和時代のCIOとは?
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧

NTTBP、プロントと共同で公衆無線LANを使ったN900iLのIP電話実験

エースラッシュ

2005-11-11 22:02

 NTTブロードバンドプラットフォーム(NTTBP)はプロントコーポレーション、VL Inc.と共同で、プロントが展開するコーヒーショップにおいて無線LANを利用したイントラVoIPトライアルを11月14日から実施すると発表した。

 トライアルが実施されるのは、プロントが展開するPRONTOおよびcafe SOLAREの店舗。プロントの社員を対象に、11月14日から2006年3月31日まで実施する予定だ。すでにプロント店舗には9月から無線LAN設備が設置されており、これを利用して、NTTドコモの携帯電話「FOMA N900iL」をIPコードレス電話機として利用する。

 今回の検証ではプロント本社と店舗、社員の自宅をプロントイントラネットと位置づけて、VoIPサービスの受容性とビジネスモデルの検証を行う。なお、VLIはIP電話間の相互接続を実現するクライアントソフトウェアを提供する。

 プロントコーポレーションでは検証結果をもとに本格的な導入を検討するとしており、NTTBPでは商用サービスの是非を探る方針だ。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]