編集部からのお知らせ
新着PDF:商用5G活用を考える
テレワーク関連記事一覧はこちら

CEC、米シュガーCRM社と提携、OSSのCRMソフトを発売

WebBCN (BCN)

2005-11-18 11:30

 シーイーシー(CEC、新野和幸社長)は11月17日、米シュガーCRM(カリフォルニア州、ジョン・ロバーツCEO)と提携したと発表した。

 CECは、シュガーCRMが開発・販売するオープンソース(OSS)のCRM(顧客情報管理)ソフトである「Sugar Enterprize」および「Sugar Professional」をカスタマイズし、「Opus Square CRM」として12月1日から日本市場に向けて販売開始する。価格は1年間1ユーザーで4万8000円。

 「Opus Square CRM」は、顧客管理や商談管理、見積もり作成・管理、販売予測・分析などの営業支援機能を搭載したOSSのCRMソフト。CECが日本語対応など日本市場向けにカスタマイズした。販売は販売パートナーを通じた間接販売と、CECが運営すダウンロード販売サイト「ソフトダイレクト」を通じて販売する。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]