編集部からのお知らせ
新着PDF:商用5G活用を考える
テレワーク関連記事一覧はこちら

検疫ネットエンジン「Mirage NAC 2.3」を搭載したセキュリティ装置、MBSDが発売

ニューズフロント

2005-12-01 16:17

 三井物産セキュアディレクション(MBSD)は12月1日、米Mirage Networksの検疫ネットワークエンジン「Mirage NAC 2.3」と、同エンジンを搭載したセキュリティ装置「CounterPoint」のエントリモデル「C-125」について、国内販売を開始した。

 MBSDによると、「従来の検疫ネットワーク製品は、サーバやPCなどがネットワークに接続されたときに検査するものが中心」という。それに対し、Mirage NAC 2.3は接続済み機器のセキュリティ状態も継続的に確認し、問題を発見した場合にはほかの機器との通信を遮断して隔離する。隔離した機器の通信先をパッチ管理サーバなどに変更することで、パッチ適用なども実施可能である。導入にあたって、特別なネットワーク機器の設置や、クライアント機器へのソフトのインストールが不要なので、安価に検疫ネットワークを構築できる。

 同時に販売を開始するC-125は、小規模ネットワーク向けのエントリモデル。MBSDは、大規模ネットワーク向けの「C-245」と、中規模ネットワーク向けの「C-145」も用意している。各モデルの概要と税別価格は以下のとおり。

  • C-125
    対応VLAN数:2
    スループット:100Mbps
    監視用ポート:2
    保護対象ホスト数の目安:約50台まで
    価格:98万円
  • C-145 対応VLAN数:8
    スループット:400Mbps
    監視用ポート:4
    保護対象ホスト数の目安:約500台まで
    価格:270万円
  • C-245 対応VLAN数:32
    スループット:1Gbps
    監視用ポート:4
    保護対象ホスト数の目安:約2000台まで
    価格:365万円

 MBSDでは、CounterPoint製品系列の全体で、2006年度末までに年間200セット、5億円の売り上げを目指すとしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]