編集部からのお知らせ
新着記事まとめは「AIトレンド」
推奨:「NTT再編」関連の記事まとめPDF

IMJ、コンテンツ管理システム「Web Meister」の最新版--管理や編集を強化

別井貴志(編集部)

2005-12-06 20:21

 アイ・エム・ジェイ(IMJ)は12月6日、XMLベースのコンテンツ管理システム(CMS)「Web Meister 2.0」を開発し、12月6日から発売する。

 Web Meister 2.0はページからウェブサイトを構築するのではなく、サイト全体の構造から構築し、コンテンツ要素は再利用しやすいモジュール単位で扱う。XMLをベースに開発されており、XMLでコンテンツを、XSLTとCSSでデザインを定義する方式を採っているため、フロントエンドとバックエンド、文字要素とデザイン要素の管理を1つのフレームワーク上で同時並行しながら分業できる。また、RSSフィードも配信できる。

 基本画面は3つのエリアから構成され、コンテンツの編集はWYSIWYG方式でも、入力支援機能が装備されたテキストエディタでも行える。このほか、多言語サイトへの対応を実現し、インターフェースにおいても日本語版と英語版の2カ国語に対応している。

 ASPで提供されるが、自社のサーバにインストールして利用することもできる。価格は要相談。「コンテンツの作成・編集」「リポジトリ・バージョン管理」「ワークフロー管理」「ファイル公開管理」の4つのサブセットで構成されており、コンテンツデータやユーザーの情報はすべてWeb Meister ASPサーバのOracle10gに保存される。クライアントはInternet Explorer6以降、FireFox1.0以降を利用する。ASPサーバから顧客のウェブサーバへはVPNもしくはSFTPで配信される。

 IMJでは「サーバやコンテンツ同士がシームレスに連動することになるWeb 2.0時代におけるCMSは、情報資産管理ツールであり、ウェブサイトであつかうコンテンツを資産として捉えたうえで、どのように発信していくかを考えることが重要だ」としている。この考えのもと、2年前よりWeb Meisterの自社開発を進め、2005年2月にはWeb Meister 1.2を発売し、今回の新バージョンではサイト構造管理やコンテンツ編集、ワークフロー部分を強化したという。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. コミュニケーション

    日本企業が利用する代表的なグループウェアを徹底比較―グループウェア選定のポイントとは?

  2. セキュリティ

    なぜランサムウェアはこれほどまでに対策が難しいのか?その理由と有効な対策アプローチを考える

  3. セキュリティ

    改正個人情報保護法や最新の脅威動向などに対応するためのセキュリティ戦略のポイントとは

  4. セキュリティ

    Azure Sentinelで実現するサイバーハイジーン

  5. ビジネスアプリケーション

    ETLツールでデータを統合し活用するための3要素、「民主化」への最適解

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]