ボーダフォン、企業のメールを携帯電話で受信可能に--グループウェアも同期

永井美智子(編集部) 2005年12月15日 21時52分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ボーダフォンは12月15日、会社や自宅のPCで利用している電子メールを携帯電話で直接受信・返信できるサービス「ボーダフォン・オフィス・メール」を2006年1月18日より開始すると発表した。個人・法人ともに利用できる。料金は1回線につき月額525円だ。

 同日発表されたNokia製端末「702NK II」で利用可能。既存のメール転送サービスと異なり、送信元のメールアドレスを変えることなくリアルタイムに受信できる。また、返信時には会社などで利用しているアドレスを返信アドレスとして利用できる。

702NK IIでボーダフォン・オフィス・メールを利用した様子。携帯電話メールとは別のフォルダに受信される

 このほか、マイクロソフトのExchange Serverを利用して、Outlookのアドレス帳や予定表と携帯電話を同期させることもできる。一方でデータが変更されると、リアルタイムに同期データが送られる仕組みだ。

 ボーダフォン・オフィス・メールは米Vistoの技術を利用した。英VodafoneとVistoは4月、グローバルに提携することを発表していた。

 大企業向けの「Enterprise Server」タイプと個人向けの「Personal Edition」の2つがあり、Enterprise Serverはグループウェアサーバーに接続されたサーバに専用ソフトをインストールする。設定を一元管理できるメリットがあり、専用サーバ1台につき250ライセンスまで利用可能だ。この場合、初期費用として1企業につき1万500円がかかる。

 Personal EditionはPC版とISP版の2種類がある。PC版はグループウェアのクライアントPCに専用ソフトをインストールして利用する。常にPCを起動させておく必要があるが、Enterprise Serverと同じ機能が利用できる。ISP版はメールの送受信のみで、アドレス帳やスケジュールの同期はできない。

051215_vodafone1.jpg
ボーダフォン・オフィス・メールのシステム構成

 データが同期できるグループウェアは現在Outlook 2002 SP3または2003のみ。今後はIBMのLotusにも対応する計画だ。また、対応端末は702NK IIのみとなっているが、「現在Java版のクライアントソフトを開発しており、これができれば既存端末でも利用できるようになるだろう」とボーダフォン法人事業統括本部法人事業企画部長の久保幸夫氏は話している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
ハードから読み解くITトレンド放談
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
Gartner Symposium
企業決算
ソフトウェア開発パラダイムの進化
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化