編集部からのお知らせ
記事まとめ集:コロナ禍に小売業はどう対応?
テレワーク関連記事一覧はこちら

オープンソースのオフィススイート「Portable OpenOffice.org」の最新版が発表に

文:Ingrid Marson (ZDNet UK)
翻訳校正:尾本香里(編集部)

2006-01-10 13:05

 「OpenOffice 2.0.1」がフラッシュディスクで利用できるようになった。だがアナリストは、同ソフトウェアの容量は144Mバイトであり、携帯性が高いと言うには大き過ぎると述べている。

 オープンソースのオフィススイートPortable OpenOffice.orgの最新版は、USBメモリースティックでの利用が想定されている。同版には、Windows 2000のフルサポートや各種OpenOffice.orgアプリケーションのランチャー機能など、多数のアップデートが追加された。

 Portable OpenOffice.org 2.0.1はOpenOffice.org 2.0.1で利用可能な全アプリケーションを含んでいる。さらにOpenOffice.orgの完全版では300Mバイトのディスクスペースが必要だったのに対し、容量は144Mバイトに抑えられている。

 Portable OpenOffice.orgの開発者John Hallerによると、同アプリケーションは移動中にラップトップの代用としたり、PC上のアプリケーションのバックアップとして利用したりすることができるという。

 しかし、調査会社OvumのリサーチディレクターGary Barnettは、多くのUSBメモリは最大容量が256Mバイトなので、同アプリケーションの144Mバイトは大き過ぎると指摘している。

 「容量が大き過ぎるので、これが本当に携帯に優れているとは言えないと思う。すべての機能を提供する必要はないのだから、最大40Mバイト程度のOpenOfficeパッケージを開発することができるはずだ。文書を作成し、他者のドキュメントを読むための、基本的な編集機能および閲覧機能さえ搭載していればよい」(Barnett)

 Barnettは、USBメモリは紛失する可能性もあるので、ウェブワードプロセッサ「Writely」のような、オンラインで利用できるOpenOffice.orgがあれば良いと話している。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]