編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

ルネサス、MSのDRM技術に対応した携帯向けアプリ開発ソフトの新版

ニューズフロント

2006-01-23 14:58

 ルネサス テクノロジは1月23日、マイクロソフトの著作権管理(DRM)技術に対応した、携帯電話向けアプリケーション開発ソフトの新版「WMA/DRMデコードミドルウェア」を発表した。1月31日から提供を開始する。

 ルネサス製のマルチメディア・アプリケーション処理プロセッサ「SH-Mobile」を搭載した携帯電話機に、マイクロソフトのDRM技術「Windows Media DRM 10 for Portable Devices」を利用したDRM機能を組み込める。

 著作権保護機能を備えるWMA(Windows Media Audio)形式の楽曲ファイルを再生する、携帯電話機用音楽プレイヤーアプリケーションの開発に向くという。

 従来製品と比べ、プロセッサの処理負荷を約10分の1に低減。著作権保護機能付きWMAファイルを再生しながら、画像表示処理などを行えるようにした。ライセンス発行や再生時間制限の管理機能に加え、定額制/レンタル型音楽配信サービスや、パソコンを介さない携帯電話への直接音楽配信サービスへの対応機能などを備える。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]