編集部からのお知らせ
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード
記事まとめ「テレワーク常態化で見えたこと」

オラクル、「Application Server 10g」や「JDeveloper 10g」の新版を発表

文:Martin LaMonica(CNET News.com)
翻訳校正:尾本香里(編集部)

2006-02-13 12:54

 Oracleは米国時間2月10日、バックエンドでのAJAXスタイルのウェブ開発を容易にする機能強化を施したJavaアプリケーションサーバおよび開発ツールの新版を提供すると発表した。

 「Oracle Application Server 10g Release 3」は、同社の「Fusion Middleware」製品ラインの核となる、Javaアプリケーションを稼働させるためのサーバソフトウェアだ。Oracleは今後、複数のパッケージアプリケーションをFusion Middlewareに統合していこうとしている。

 Oracleのチーフアーキテクト兼バイスプレジデントTed Farrellによると、同新バージョンでは、サービス指向アーキテクチャ(Service Oriented Architecture:SOA)を用いたモジュラーアプリケーションの開発が容易になっているという。また同製品は、OracleがCollaxaの買収とともに取得したビジネスプロセスサーバとうまく連携させることができ、複雑なアプリケーション処理を自動化する、ルールエンジンと呼ばれるソフトウェアを提供する。

 フロントエンド開発に関しては、OracleはAJAX方式のウェブアプリケーションを記述するプロセスを支援するコンポーネントを開発して、同社のJava開発ツール「JDeveloper 10g Release 3」に搭載した。AJAXは「Asynchronous JavaScript + XML」の略語で、これを利用すると、開発者はウェブサーバから自動的にデータを取得するインタラクティブなウェブページを作成することが可能になる。

 Farrellは、Oracleがすでに同社のアプリケーションの「Collaboration Suite」でAJAXを利用しており、多くの企業ユーザーが、みずからのビジネスアプリケーションを強化する方法としてAJAXの採用を検討するようになっていると述べた。

 Oracleは、自社のJava開発ツールを、アプリケーションサーバと緊密に連携できるようデザインしている。Oracleもほかのインフラストラクチャソフトウェアプロバイダと同様に、サーバソフトウェアのライセンス販売促進を目指し、開発ツールを無料で提供している。

 「われわれのツール部門は、最終的な目的であるランタイムの販売に取り組んでいる。現在では、IntelliJやEclipseなどの、世界中で利用されているIDE(統合開発環境:Integrated Development Environment)と競合するものを提供できるようになった」(Farrell)

 Farrellは、Oracleが「JDeveloper」および一部のEclipse関連製品に力を入れる開発戦略を打ち立てていることを、あらためて強調した。一方、現時点では「NetBeans」開発環境をサポートする予定はないという。

 このほか新Application Serverには、「Enterprise Java Beans 3.0」などの標準に対するサポートや、「Struts」といったオープンソース開発ツールを用いた認証機能などが搭載されている。

 Oracle Application Server 10gの価格は、1プロセッサ当たり5000ドルから。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版

  2. クラウドコンピューティング

    AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック

  3. クラウドコンピューティング

    DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言

  4. セキュリティ

    ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編

  5. セキュリティ

    テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]