編集部からのお知らせ
新着記事まとめ:アジャイル開発が支えるDX
新しい働き方の関連記事はこちら

インテル、組み込み用デュアルコア「Core Duo」の2.0GHz版と1.66GHz版を出荷

ニューズフロント

2006-02-15 14:45

 インテルは2月15日、組み込み機器向けデュアルコアプロセッサ「インテルCore Duoプロセッサ」の動作周波数2.0GHzモデルと1.66GHzモデルの量産出荷を開始した。1000個ロット時の単価は、2.0GHz版が423ドル、1.66GHz版が316ドル。

 両プロセッサは、内蔵する2つの演算コアでそれぞれ個別にOSを実行できるため、「カスタムアプリケーションの設計がより柔軟になる」(同社)という。拡張版インテルSpeedStepテクノロジーを採用しており、処理負荷に応じて演算コアやキャッシュメモリ、インターコネクトの動作電力を動的に増減させて、電力を管理できる。対応チップセットは、「モバイルインテル945GM Expressチップセット」となる。

 インテルでは「演算処理をマルチスレッド化してデュアルコアのメリットを最大限生かすため」として、コンパイラやパフォーマンスアナライザ、スレッドチェッカなどのソフト開発ツールも用意している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]