サン、ソフトウェアパッチ管理企業の買収で合意

文:Stephen Shankland(CNET News.com)
翻訳校正:河部恭紀(編集部)

2006-02-23 13:42

 Sun Microsystemsは、SolarisやLinuxを稼働する多数のコンピューター上でソフトウェアパッチのインストールを自動化する製品を提供する企業Aduvaを買収することで合意に達した。

 Sunは、リモート管理サービスを改善し、同社製コンピューターの信頼性を向上させて、一般ユーザーの管理負担を軽減することに取り組んでいるが、今回の買収はこうした方針に合致するものだ。Sunは、リモート管理を専門とするSevenSpaceを2004年に買収している。

 Aduvaはカリフォルニア州サニーベールを本拠としており、40名の社員を抱えている。買収は、2006年6月末までに完了すると見られているが、内容の詳細は明らかになっていない。

 Sunは自社の中核的なサーバー製品を刷新する一方で、売上拡大を目指して他企業の買収にも力を入れてきた。

 Aduvaのソフトウェアを利用すると、ソフトウェアパッチの配布を自動化し、異なるコンピューターに対するパッチの適用を調整できるようになる。Sunのサービス部門でエグゼクティブバイスプレジデントを務めるDon Grantham氏は、コンピューター管理者にとってパッチ管理は「最大の難題」であると、声明の中で述べている。

 Sunは、Aduvaの技術をユーザーがシステムにインストールして利用できる製品として販売するか、「Sun Grid」における自動化サービスとして提供していく予定だという。Sun Gridは、Sunがコンピューターの処理能力を顧客に販売する形態のサービス。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. ビジネスアプリケーション

    きちんと理解できていますか?いまさら聞けないインボイス制度の教科書

  3. 運用管理

    AWS、GCP、Azureを中心としたクラウドネイティブ環境における5つのセキュリティ強化策

  4. セキュリティ

    マンガでわかる―Webサイトからの情報搾取を狙うサイバー攻撃「SQLインジェクション」、どう防ぐ?

  5. セキュリティ

    緊急事態発生時にセキュリティを維持するための8つの戦略と危機管理計画チェックリスト

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]