編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

ワイズマン、最大8000アクセスに対応するASPを「Citrix Presentation Server」で構築

CNET Japan Staff

2006-03-02 07:45

 シトリックス・システムズ・ジャパンは3月1日、介護/福祉事業所や医療機関向けパッケージ製品を販売するワイズマンが、同社のパッケージ製品のASPサービスを、シトリックスの「Citrix Presentation Server」を基盤として構築したことを明らかにした。

 このASPサービスは、2005年8月に開始されている。ワイズマンが導入したシステムは、最大8000アクセスを想定した大規模なWindowsシステム基盤。データコレクタ専用機やサーバを複数台用意し、システムの負荷分散と冗長化を実現している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]