編集部からのお知らせ
スタート直前の5Gをチェック!
PickUp! オンラインストレージの進化と課題

ついに米ユニシスが日本ユニシス株式全株を売却

田中好伸(編集部)

2006-03-14 22:12

 日本ユニシスは3月14日、主要株主の米Unisysが日本ユニシス株式の全株を売却することを発表した。日本ユニシスでは、売却後もUnisysと密接な関係を維持していくとしている。

 Unisysが売却するのは、日本ユニシス株式の持ち株比率27.84%にあたる約3052万株。売却される株式のうち、約1958万株はモルガン・スタンレー・ジャパンが購入。残りの約1096万株は、日本ユニシスが自己株式買い付けを3月15日に行う。

 モルガン・スタンレー・ジャパンは複数の機関投資家に分散して販売していくとしている。

 Unisysは、近年経営状態が悪化しており、2005年10月にNECと次世代サーバの共同開発を中心とした包括提携を結んでいる。今回の日本ユニシス株式売却は、経営再建策の一環と見られる。

 日本ユニシス株式の3割弱を、三井物産とUnisysがこれまでそれぞれ保有しており、Unisysの経営悪化が伝えられる度に日本ユニシスのUnisysからの独立が業界内で話題になっていた。

 なお、日本ユニシスは2005年10月に日本国内における「Unisys」の永久商標使用権をUnisysから約250億円で購入しており、社名を変更することはないとしている。また、今後の戦略や体制にも変更はないと説明している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]