マイクロソフトCEOのバルマー氏、2006年の事業方針をアピール

文:Martin LaMonica(CNET News.com)
翻訳校正:尾本香里(編集部) 2006年03月17日 14時29分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ニューヨーク発--Microsoftでは2006年に、企業社員の生産性を向上させるリリース予定製品のプロモーションに5億ドルを投じる予定だと、同社最高経営責任者(CEO)のSteve Ballmer氏が米国時間3月16日に明らかにした。

 Ballmer氏はMicrosoftが当地で主催したユーザーイベントで、今後1年以内に発表されるソフトウェアが企業内のインフォメーションワーカーに向けたものであることを聴衆に話した。同イベントは、IT部門社員や開発者よりも、CEOのような企業幹部を特に対象としている。

 Ballmer氏はみずからの基調講演後の記者会見で、インフォメーションワーカーは過去数年間、製品開発においては「あまり顧慮されてこなかった」と述べた。

 Microsoftは、「Windows Vista」および「Office 2007」スイートを2006年末までにリリースする予定である。また、「Exchange」電子メールサーバソフトウェアに関する広範なコミュニケーション製品ラインの提供準備も進んでいる。

 Ballmer氏は、2006年のMicrosoftがエンドユーザーに焦点を絞り込んでいる様子は、PC黎明期にエンドユーザーの関心をひこうと社を挙げて取り組んでいた頃をほうふつとさせると話した。

 「多くの点で、われわれは今でも(Microsoftの創業者である)Bill GatesとPaul Allenの『Empowerment(力を与えること)』という信念から影響を受けている」(Ballmer氏)

 Ballmer氏は、企業を販売対象とする際のIBMとMicrosoftのアプローチを比較して、前者はテクノロジー企業ではなく、コンサルティング企業としての立場を強めつつあると述べた。

 「われわれは企業で働く人々の生産性を高めることに日々努めているが、IBMはプロジェクトを進めることに主眼を置いている」(Ballmer氏)

 Ballmer氏はさらに、Microsoftが今後発表するソフトウェアは同社にとって新しい分野の製品で、売上の増加をもたらすだろうとも話した。

 とりわけ、Office生産性スイートや、「SharePoint」ポータルソフトウェアといったサーバ製品の新バージョンの発表によって、ビジネスインテリジェンスおよびコラボレーションなどのタスクに対応したソフトウェアを同社が提供していく可能性が生まれるという。

 Microsoftのビジネス部門バイスプレジデントChris Capossela氏は、同イベントのプレゼンテーションで、これから発表する製品のデモンストレーションを行った。これらの製品は、例えば商品のプレゼンテーションに備えるため企業ネットワークを検索したり、販売実績を分析したりするといった、典型的なビジネス業務における効率性を向上させる方法に関するものだった。こうした業務では、特定のツールでなく、Officeベースのアプリケーションが用いられている。

 一方、GartnerのアナリストであるTom Austin氏は、IBMは確かにコンサルティングビジネスに積極的に力を入れているが、企業社員の生産性を上げるためのソフトウェア開発も続けていると指摘した。

 Microsoftの方がIBMよりも個人を対象とすることに焦点を絞り込んでおり、また、さまざまな製品を組み合わせて提供し、大きな価値をもたらしていると、Austin氏は話す。しかし、企業ユーザーが統合性の高い製品からメリットを得ようと思えば、Microsoft製品にますます依存しなければならなくなってしまう。

 「Microsoftが提供しているのと同じだけの価値を提供して顧客を囲い込んでいる会社はない。あれだけの価値を提供しているところもないのが現状だ」(Austin氏)

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
OS

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
ハードから読み解くITトレンド放談
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
Gartner Symposium
企業決算
ソフトウェア開発パラダイムの進化
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化