日本ステレント、米国SOX法対応ソリューション「Stellent Sarbanes-Oxley Solution 7.6」を発表

CNET Japan Staff

2006-03-22 19:24

 日本ステレントは3月22日、企業における米国企業改革法(The Sarbanes-Oxley Act:SOX法)の遵守プロセスを効率化するために設計されたコンプライアンスソリューション「Stellent Sarbanes-Oxley Solution 7.6」を発表した。

 SOX法は基本的に、投資家に向けて開示した財務情報が“正確”であるということを企業に保証させることを求める法律。SOX法を遵守するためには、適切なポリシーに基づいて会計業務に関わる業務にルールを策定する必要がある。

 また、そのルールを絶えず見直し、最適化しておくことも必要で、一連のプロセスが適切に実行させることを証明するためには、いつ監査が入っても必要な文書を即座に提出できる体制を整備しておくことが重要となる。

 Stellent Sarbanes-Oxley Solution 7.6は、さまざまな法令準拠に関連するプロセスを効率化する目的で開発されたコンテンツ管理システム(CMS)ベースのコンプライアンスソリューション。SOX法が求める内部統制環境を整備するための“基盤”となる広範なコンテンツ管理機能を提供する。

 最新バージョンでは、文書管理、ウェブコンテンツ管理、デジタルアセット管理、イメージング、コラボレーション、レコード管理、ビジネスプロセス管理などの基本機能はもちろん、導入期間の短縮、操作性の向上などが強化されたほか、拡張レポート機能など、さまざまな新機能が搭載されている。

 日本ステレントでは、同製品をベースに日本版SOX法への対応も、法令の制定、市場の動向を見ながら順次行っていく計画。また、国内の会計コンサルティングファームや監査法人ファームなどとの提携も強化していく。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]