編集部からのお知らせ
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード
記事まとめ「テレワーク常態化で見えたこと」

PFU、Winnyなどによる情報漏えいに対応した検疫ネットワークシステム

吉澤亨史

2006-03-28 16:21

 PFUは3月28日、「PFU検疫ネットワークシステム」のオプション製品として、Winnyなどによる情報漏えいに対応する「iNetSec Inspection Center V3.0 禁止ソフト検査プラグイン」を同日より発売開始したと発表した。これにより、被害の発生原因として最も多い私物PCを含めた情報漏えい対策が可能となる。

 本製品は、「PFU検疫ネットワークシステム」の検疫ソフトウェア「iNetSec Inspection Center V3.0」用のプラグイン。PFU検疫ネットワークシステムに本製品を追加することで、Winnyなどの企業ポリシーに違反するソフトウェア(禁止ソフトウェア)の導入検知や管理者による状況把握を可能にし、禁止ソフトウェアが導入されたPCを、社内ネットワークに接続する際、隔離や適正化ができる。禁止ソフトウェアは複数定義できるので、導入する企業独自のポリシーを作成することが可能だ。

 本製品の標準価格は、サーバ側プラグインがサーバあたり98,000円、クライアントライセンスが1クライアント1,400円(5000クライアント導入時)からとなっている。出荷時期は2006年6月初旬で、同社では今後1年間で200システム、20万クライアントの販売を見込んでいる。

 なお、PFUでは本製品の販売にあたり、iNetSec Inspection Center V3.0の新規導入またはすでに利用しているユーザーを対象に、本製品を無償で提供するキャンペーンを2006年9月末日まで実施する。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版

  2. クラウドコンピューティング

    AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック

  3. クラウドコンピューティング

    DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言

  4. セキュリティ

    ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編

  5. セキュリティ

    テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]