編集部からのお知らせ
ダウンロード公開中「ITが取り組むべきプライバシー」
最新記事まとめ「医療IT」

日本IBM、Winnyの起動を検知して自動終了させる情報漏えい対策システム

ニューズフロント

2006-03-22 14:28

 日本IBMは3月22日、ファイル交換ソフトWinnyなどの起動を検知すると終了処理を実行する情報漏えい対策システムを発表した。必要なサーバやソフト、構築サービスを一括提供する。管理対象PC500台で税別価格550万円から。

 このシステムは、管理対象のクライアントPCに導入したエージェントソフトがWinnyなどを監視し、起動を検知すると自動的に終了処理を行い、監視サーバに報告する。監視サーバに接続していない状態でも監視と自動終了処理が可能なので、社内だけでなく、自宅にPCを持ち帰った場合でも情報漏えいを防げる。

 監視サーバは、セキュリティポリシー違反PCの一覧と違反項目、パッチ導入率、ハードおよびソフト情報を表示する機能を備える。日本IBMでは、Winnyなどのソフト導入防止機能も提供していく予定だ。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AWS、Microsoft、Googleがリード!パブリッククラウドコンテナプラットフォーム市場分析

  2. ビジネスアプリケーション

    ウィズコロナ時代はあと2年は続く?!アフターデジタル時代の4つの重要ポイント

  3. セキュリティ

    2021年のサイバー脅威予測が明らかに─将来の攻撃に企業はいかに備えるべきか

  4. OS

    “テレワークだからこそ”デスクトップPCを利用すべき?!ノートPCにはない魅力の数々に迫る

  5. 運用管理

    7つの視点で解説するデータベース構築・運用ー誰でもわかるSQL Serverストレージガイド

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]