編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

フラクタリスト、モバイル端末開発ソフトにウェブソフトの「MAAP」を採用

吉澤亨史

2006-04-04 19:50

 フラクタリストは4月4日、ウェブソフト・インターナショナルの持つIP携帯端末開発用アプリケーションパッケージ「MAAP(Mobile Appliance Application Package)」をフラクタリストのワイヤレスモバイル端末開発用ソフトウェアパッケージ「NomadicNode IP Phone」に採用したと発表した。今後は新世代ワイヤレスモバイル端末の市場開拓を目的として、共同プロモーションをすすめる。

 MAAPは、ブラウザや電子メール、PIMなどの機能を統合した製品で、すでにNomadicNode IP Phone上に実装が完了している。NomadicNode IP Phoneの機能の1つであるICE(Interactive Connectivity Establishment)機能と連係させることで、家庭内と外出先をシームレスに通話可能とするIPフォン機能や、さまざまな家電機器を操作できるリモコン機能などを装備できる。し

 フラクタリストとウェブソフト・インターナショナルは、MAAPが搭載されたNomadicNode IP Phoneをソフィアシステムズ製のVoIP携帯端末向けリファレンスボード「SandgateII-P」をはじめとするハードウェアプラットフォームと合わせて提供し、ハードウェアからアプリケーションまでのオールインワンソリューションを実現し、モバイルワイヤレス端末機器開発メーカーがより短期間で高機能なワイヤレスモバイル端末を開発できるよう支援していくとしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]