編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

ニュアンスコミュニケーションズ、マイクロソフトの車載情報端末プラットフォームに音声技術を提供

CNET Japan Staff

2006-04-05 05:22

 ニュアンス・コミュニケーションズ(旧スキャンソフト)は3月30日、フィアットオートとマイクロソフトが共同開発した車載向け音声対応通信/エンターテイメントシステム「Blue&Me」に同社の音声技術が採用されたことを発表した。

 Blue&Meは、Windows Mobile for Automotiveオペレーティングシステムを搭載し、携帯電話やデジタルメディアプレーヤーなどのパーソナル電子機器と車載システムとの統合を可能にする。ニュアンスの音声認識/音声合成技術を利用することで、音声操作による電話の発着信やSMSメッセージの読み上げ、音声コマンドによるメディアプレーヤーの制御が可能になった。

 対応言語は、イタリア語、スペイン語、ポルトガル語、ブラジルのポルトガル語、ドイツ語、ポーランド語、英国の英語、デンマーク語、フランス語の9つ。Bluetoothハンズフリーテクノロジを使用するほとんどの携帯電話と互換性がある。

 フィアットオートは、Blue&MeをFiat、Lancia、Alfa Romeoおよび小型商用車ブランド全体に採用する計画だ。Blue&Meを搭載した最初の車両となるFiat Grande Punto、Alfa Romeo 159、Alfa Brera、およびAlfa Spiderは、ジュネーブ・モーターショー2006とCeBIT 2006で参考出展されている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]