編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

秋田銀行、データベースマーケティングシステムをIBMのソリューションで刷新

CNET Japan Staff

2006-04-14 18:22

 日本アイ・ビー・エム(日本IBM)は4月13日、秋田銀行が顧客情報の分析を行うためのシステム「データベースマーケティングシステム」を刷新したことを発表した。システムは2006年4月1日に稼働した。

 秋田銀行では、1998年にデータベースマーケティングシステムを構築。複雑な検索を高速で処理する必要があるため、更新や削除などの処理よりも検索性能を重視して活用してきた。しかし、専用機では、業界標準の開発ツールを活用できない、IT資産の維持、運用管理が困難、専門に技術者を育成する必要がある、といった課題を抱えるようになっていた。

 そこで秋田銀行は、従来のシステムと同等のパフォーマンスを持ちながら、オープンで汎用的なシステムを検討。IBMのUNIXサーバ「IBM eServer p5」と、IBMのデータベース管理ソフトウェア「IBM DB2 UDB」の組み合わせを採用した。また、IBMの運用管理ソフトウェア「Tivoli Storage Manager」を活用したことで、自動的に数時間でバックアップを取得できるようになった。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]