SAP、顧客やパートナー企業との連携プログラムを立ち上げ

文:Dawn Kawamoto(CNET News.com) 翻訳校正:河部恭紀(編集部) 2006年04月19日 17時01分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 SAP AGは米国時間4月18日、サンフランシスコで開催のEnterprise Services Partner Summitにて、パートナー企業との関係を強化するための方針について語った。

 同イベントでSAPは、「Enterprise Services Community Program」も発表し、パートナー企業や顧客との「エコシステム」の構築を目指すという方針を明らかにした。同社はこのエコシステムを活用して、同社とパートナー企業が顧客の問題を解決するのに必要なソフトウェアをそれぞれのやり方で特定したり開発したりするのに役立てたいと考えている。

 SAPの製品技術部門のプレジデントShai Agassi氏は同サミットの基調講演の中でパートナー企業と顧客に対し「このエコシステムはわれわれの成功の鍵となる」と語った。「これはリップサービスではない。実際に非常に興味深いコミュニティーが出来上がりつつあり、それはこの会場内にも存在する」(Agassi氏)

 SAPはEnterprises Services Community Programの中で、独立系ソフトウェア開発企業やシステムインテグレーター、そして顧客で構成される管理およびコンプライアンスのための組織を作りたいと考えている。同プログラムはメンバーが自社の事業を拡大し、自分たちのアイデアに対するフィードバックを得るための場となる。

 「ある企業が他者の失敗を招くようなソリューションを市場に出したら、コミュニティー全体が失敗する」とAgassi氏は言う。「これは企業システムサービスのモデルとなり、新しいアイデアの提案、開発、市場投入のやり方となる。また各自が守りたいものを守りながら、コミュニティーのメンバー全員を守るための知的財産モデルでもある。そのため、自分がある企業システムサービスのインターフェースのアイデアを提供したという理由だけで他者を追及することはできない」(Agassi氏)

 同コミュニティーの立ち上げには、Arla Foods、Adobe、Cisco Systems、Vendavoなどの60社以上が参加する。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。 海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
企業決算を追う
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化