マイクロソフト、携帯端末向けOS「Windows CE 6ベータ版」を発表

吉澤亨史

2006-05-10 15:54

 マイクロソフトは、マイクロソフト コーポレーションが5月8日に米ラスベガスで開催された「Microsoft Mobile & Embedded DevCon 2006」において、「Windows CE 6」のベータ版の提供を開始したと発表した。マイクロソフトでは、携帯端末向けのOSであるWindows CEをIPベースのセットトップボックス、GPSデバイス、産業用自動機械や医療機器など向けのカスタマイズOSを構築するための次世代リアルタイム オペレーティングシステムと位置づけている。

 Windows CE 6ベータ版では、OS中核アーキテクチャの再デザインが行われ、同時稼働可能なプロセス数が従来の32から32000へと大幅に増大した。新ツールの統合などの強化も行われており、携帯端末搭載用OSから、さまざまな組み込みデバイス用のOSという色合いが濃くなった。特に、マイクロソフトの「Visual Studio 2005」向けのプラグインとして利用できるため、組み込みデバイス用の開発環境を手軽に実現できるようになった。

 「OpenNETCF Consulting LLC」の主幹パートナーを務めるクリス タック氏は、「『Windows CE 6』は、組み込みデバイスOSやアプリケーション用のソフトウェアを一元的に開発することが可能な統一ツールとして機能するだけでなく、次世代型デバイスのプラットフォームとしての要件を満たせる、より強力かつ柔軟な中核コード(カーネル)をも提供します。この二つの要素が統合されたことで、二種類のツールセットを習得することなく、デバイス ソリューション全体を迅速かつ容易に構築およびデバッグすることが可能な環境が開発者に提供されることになります。」と述べている。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]