「2010年には100億ドル企業に」--シマンテックCEOが語る同社の未来像

藤本京子(編集部) 2006年05月13日 21時57分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Symantec主催のカンファレンス「Symantec VISION 2006」にて、さまざまな新製品や新戦略を発表した同社の会長兼CEO、John Thompson氏が、日本人プレスとのグループインタビューに応じた。

 同氏は、今回のカンファレンスで詳細が明らかになった次世代のセキュリティ製品「Genesis」(コードネーム)や、買収・合併の進捗状況、また同社の未来像について語った。

--2006年内に提供開始を予定している「Genesis」は、パッケージ製品ではなくサービスとして提供するとのことですが、ソフトウェアをサービスとして提供することのメリットを教えてください。

PHOTO SymantecのThompson CEO。基調講演でもプレゼン資料は使わずに話す。

 はい。より重要なのはユーザーにとってのメリットです。ソフトウェアを利用するにあたってユーザーは、自分でソフトウェアの設定やアップデートすることなしにさまざまな機能を利用したいと考えます。Genesisのようにサービスとして機能が利用できるようになれば、ユーザー自らがこうした面倒な作業を行う必要がなくなるのです。

 過去には、ユーザーがセキュリティソフトウェアをPCにインストールしても頻繁にアップデートできず、十分にPCが保護できていないケースが多くありました。そこでわれわれは自動アップデートや自動保護機能をソフトウェアに追加しました。Genesisではさらに一歩進んで、PCにインストールされたソフトウェアとインターネット上のサービスが結びつくことになります。例えば、ユーザーがPC上で「このタイプのファイルを作った時には自動的にバックアップファイルを作る」と設定すれば、Genesisが自動バックアップを実行してくれるのです。

--Veritas Softwareを買収した後も、さまざまな企業を買収していますね。自社で研究開発する分野と、買収で技術を入手する分野の違いはどこにありますか。また、今後買収で拡充したいと考える分野があれば教えてください。

 Symantecでは、売上の約15%を研究開発費として投資しています。主な研究開発分野は、インフラとエンドポイントの両分野におけるポリシーコンプライアンス、データセンターにおける管理や機能の自動化、情報のバックアップおよびリカバリプロセスの簡素化などです。

 一方買収に関しては、少なくとも今後約半年の間は予定していません。というのも、これまでに買収した企業の製品を統合することに注力したいからです。Symantecは、2006年にVeritas以外にも6社を買収しています。今は、これらの買収をうまく製品に統合することが先決だと考えています。

--Veritasとの統合は、現段階でどの程度完了したとお考えですか。買収で製品ポートフォリオを広げたものの、実際にはうまく統合が進んでいないケースも他社に多く見受けられます。統合の障壁となるのはどういったところにあるのでしょう。

 Symantecでは、慎重に統合を行います。具体的には、買収した企業の各担当者の役目やオペレーションの状況をよく理解し、重複部分があれば時間をかけて統合する方法を考えます。買収すると同時に大規模なレイオフを実施する企業もありますが、そうした企業はあまりうまく統合できていません。われわれはそのようなアプローチを取らないため、従業員の貢献度が下がることも顧客を失うこともありません。

 実際にどこまで統合がどこまで進んだかについては、まだまだですね。まず内部的には営業部隊や人事システムを統合し、顧客に対しては、サポートおよびサービス、パートナープログラムを統合しました。しかし他にもやることは山ほどあります。通常これほどの規模の合併は、統合が完了するまでに18カ月から24カ月はかかるものです。SymantecとVeritasは合併してまだ10カ月しか経っていませんからね。

--合併する以前のSymantecでは、コンシューマー向けビジネスとエンタープライズ向けビジネスがほぼ半々となってました。この比重は今後どうなるのでしょう。

 おっしゃる通り、Symantecはコンシューマーとエンタープライズ向けのビジネスがほぼ同じ規模でした。一方のVeritasは、100%エンタープライズ向けにビジネスを展開していました。つまり、両社が一緒になることで、コンシューマービジネスが25%、エンタープライズビジネスが75%となります。

 一般にソフトウェアは、エンタープライズ分野で購入される比重が非常に大きいのです。全世界のソフトウェアの購入金額のうち、全体の3分の2もしくは4分の3程度が大企業や政府によるものなのです。Symantecでは、業界の比重に合わせたビジネスにフォーカスしたいと考えていましたから、エンタープライズビジネスの比重が高くなるのも自然です。今後さらにエンタープライズビジネスは拡大方向に向かうでしょう。

--Symantecの5年後、10年後の姿を教えてください。

 2010年にはすべてが倍増すると考えています。現在Symantecの売上は年間50億ドルですから、売上は100億ドルに、従業員数は1万5000人から3万人以上に、エンジニアの数は4000人から8000人にといった具合です。

 製品のポートフォリオとしては、インフラストラクチャ保護、情報保護、インタラクション保護の各分野でリーダー的地位を築きたいですね。パートナーネットワークは今後も重要視し、現在と同様に80%から90%の売上はパートナー経由となるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SpecialPR

連載

CIO
ハードから読み解くITトレンド放談
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
Gartner Symposium
企業決算
ソフトウェア開発パラダイムの進化
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化