編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

国内ルータ市場は前年比8.4%増の1540億4200万円--IDC Japan調査

CNET Japan Staff

2006-05-11 19:26

 IT専門調査会社のIDC Japanは5月11日、国内ルータ市場における2005年の実績と2006年〜2010年の市場規模予測に関する調査結果を発表した。これによると、2005年の国内ルータ市場は、出荷台数が280万1000台で、売上金額は1540億4200万円となっている。売上金額は前年比8.4%増で2001年以来のプラス成長という。

 今後は、ハイエンドルータと企業向け拠点ルータ市場を中心に緩やかながらも成長を持続し、2010年には1863億7600万円に達する見込み。セグメント別の売上金額では、ハイエンドルータ(平均購入価格200万円以上)とSOHOルータ(1万6500円〜11万円未満)およびレジデンシャルルータ(1万6500円未満)は前年を上回っている。

 2010年までの市場予測においても、ハイエンドルータ、SOHOルータおよびレジデンシャルルータは、年間平均成長率でプラス成長を続けるものの、ミッドレンジルータとローエンドルータは前年を下回り市場の縮小傾向がみられるという。売上金額におけるシェアは、シスコシステムズが、ハイエンド、ミッドレンジ、ローエンドルータの各セグメントで1位。SOHOルータ市場では、ヤマハが1位となっている。

 今回の発表は、「国内ルーター市場 2005年の分析と2006年〜2010年の予測(J6050102)」で詳細が報告されている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]