「競合製品の性能はEMC製品で2年前に実現している」--EMC、新製品で性能の高さをアピール

藤本京子(編集部) 2006年05月30日 18時33分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 EMCジャパンは5月30日、EMCが新たに開発したEMC CLARiX UltraScaleアーキテクチャ搭載のネットワークストレージシステム「EMC CLARiX CX3 UltraScale」シリーズを発表した。CLARiX UltraScaleアーキテクチャは、45件の特許申請中の技術が含まれている。

 新アーキテクチャの特徴のひとつに、サーバへの接続からディスクへの接続までエンドツーエンドで4Gbpsファイバチャネル接続が可能になったことがある。これにより、従来と比べて最大2倍のパフォーマンスと容量が実現する。また、「EMC SnapView」や「EMC MirrorView」、「EMC SAN Copy」などのソフトウェアを使用することで、データのレプリケーション速度が最大30%向上できる。

 また、ディスク交換ユーティリティウィザードが備わっており、顧客やパートナーが容易にディスクドライブや電源、冷却ファン、SFP(小型フォームファクタプラグ)対応の光学トランシーバを交換できるようになる。2006年第3四半期以降には、認定を受けた顧客やパートナーがCLARiX CX3 UltraScaleシリーズのアレイをインストールするためのプロセスとユーティリティを追加し、既存のアレイにオンラインで容量を追加したり、CLARiX FLAREオペレーティング環境のオンラインアップグレードができるようになる予定だ。

Joel Schwartz氏 競合製品と比較してEMCの優位性を語るJoel Schwartz氏

 さらに、同アーキテクチャはEMCの仮想LUN(論理ユニット番号)テクノロジも採用している。これにより、無停止の状態でストレージ階層間の情報が移動できる。また、metaLUNテクノロジ機能により、複数のRAIDグループをカバーするLUNを作成し、追加容量が必要な場合、LUNのサイズを動的に拡張することもできる。

 EMCのミッドレンジシステム部門 上席副社長 兼 ジェネラルマネージャー Joel Schwartz氏は、新製品が従来機より大幅にパフォーマンスが向上したことをアピールするのみならず、「Hewlett-Packard(HP)やIBMなどがここ半年ほどで発表した新製品は、EMCが2004年に発表したCX700のパフォーマンスよりもレスポンスタイムやトランザクション数において劣っている。EMCでは、競合他社が2年前に出した製品よりも性能が劣る製品を新製品として発表することは許されないのだが」として、EMC製品が優位性を語った。

 またSchwartz氏は、CLARiX CX3シリーズが従来機の2倍のパフォーマンスと容量を実現していることから、「競合製品が2台必要となるケースでも、CXシリーズ1台に統合できる。1つのアレイにデータをまとめることで、スペースや消費電力も削減できる」としている。同氏によると、EMCでは過去1年間に20ペタバイト分のHP製ストレージをEMCのCLARiX製品に置き換えたという。

 EMCジャパンの代表取締役社長 Edward Neiheisel氏は、「情報量はすさまじい勢いで増加し続けており、こうした情報が今まで以上に重要な位置づけを占めるようになった。EMCでは、ハードウェアはもちろん、情報保護やコンテンツ管理、ネットワーク管理などを実現するソフトウェア企業の買収を続け、2003年から現在までの買収金額の合計が45億ドル以上にも上っている。また買収だけでなく、新プラットフォームの開発や機能拡張、サービス内容の拡大などで、売上の10%以上を研究開発につぎ込んでおり、2005年には10億ドル以上の投資をした。これからも顧客の情報ライフサイクル管理(ILM)の実現に向けた製品を提供する」と述べた。

 CLARiX CX3シリーズは、「CX3-20」「CX3-40」「CX3-80」の3モデルが用意されている。各モデルの販売価格は、CX3-20が429万円(税込)から、CX3-40が917万円(税込)から、CX3-80が1595万円(税込)からで、同日より提供開始される。なお、これらの新製品は、29日にデルがDell|EMCブランドで発表したCX3シリーズと基本的には同じものだ(関連記事)。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
ITアナリストが知る日本企業の「ITの盲点」
シェアリングエコノミーの衝撃
デジタル“失敗学”
コンサルティング現場のカラクリ
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「展望2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
エンドポイントセキュリティの4つの「基礎」
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
ネットワークセキュリティの要諦
セキュリティの論点
スペシャル
エンタープライズAIの隆盛
インシュアテックで変わる保険業界
顧客は勝手に育たない--MAツール導入の心得
「ひとり情シス」の本当のところ
ざっくり解決!SNS担当者お悩み相談室
生産性向上に効くビジネスITツール最前線
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell Technologies World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
吉田行男「より賢く活用するためのOSS最新動向」
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
日本株展望
企業決算
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]