編集部からのお知らせ
SNS分析のトレンドまとめ
注目「Googleのクラウド事業を読み解く」

サンとストレージテックが日本法人を統合--ストレージ製品ブランドも「StorageTek」に統一

CNET Japan Staff

2006-07-05 18:44

 サン・マイクロシステムズは7月3日、日本ストレージ・テクノロジーを2006年7月1日付で吸収合併し、両社の事業を統合したことを発表した。この事業統合は、米国で2005年8月に完了したSun MicrosystemsによるStorageTekの買収に伴うもの。

 今後、「StorageTek」ブランドは、Solaris、Javaなどと同じサンのサブブランドとして存続する。これに伴い2006年7月1日より、サンのストレージ製品ブランドは「StorEdge」からStorageTekへと名称変更された。

 統合後の新しいビジネスモデルについては、原則として従来の販売モデルを継続。日本ストレージテックのメインフレーム接続およびヘテロ環境接続のビジネスは、これまでどおりストレージ担当営業が継続して対応。保守サービスは、原則としてサンが既存の契約を引き継いでサービスを提供する。

 日本ストレージテックの社員はサンへ移籍し、引き続きストレージ製品の販売およびサービス活動を継続する。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]