サン、ストレージテックを41億ドルで買収へ

Margaret Kane(CNET News.com) 2005年06月03日 09時48分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Sun Microsystemsは、市場での影響力拡大を目指し、ストレージ専門ベンダーのStorageTekを約41億ドルで買収する。両社が米国時間2日に明らかにした。

 Sun幹部によると、この買収で、同社はストレージ製品の品揃え、販売チャネル、営業部隊、そしてパートナーネットワークを大幅に拡充できるという。

 Sunは、StorageTekの株式を1株あたり37ドルで買い取ることになるが、この価格は米国時間1日の終値31ドル23セントに18%を上乗せした金額となる。Sunによると、今回の買収は完了後12カ月以内に同社の業績を押し上げるはずだという。買収の完了は夏の後半から秋のはじめになると見られている。

 SunのCEO、Scott McNealyは、両社の製品を組み合わせることで、Sunは「情報ライフサイクル管理」製品の分野で有数のベンダーになると語った。これらの製品は、ハードウェアとソフトウェアを組み合わせて社内データの作成/格納/保管を行うもの。

 McNealyは2日に開いた電話会議のなかで、「ストレージ市場や、Sarbanes-Oxley(米国企業改革法)やHIPPA(医療保険の携行性と責任に関する法律)などの各種規制遵守の問題に関連する市場を合わせると、全体で650億ドル規模の市場がある。これは、ストレージやデータ管理、企業の重要データ資産の管理が、複雑なネットワークコンピューティング問題を解決する構成要素として重要性を増しつつあることを示していると思う」と同氏は述べ、さらに「ストレージビジネスには高い関心があるが、しかしわれわれを規模や対応範囲の点で新たなレベルに引き上げてくれるのは、この(ストレージとネットワークコンピューティングの)組み合わせだ」とした。

 両社の幹部によると、SunとStorageTekのストレージ製品ラインは統合され、営業部隊も1つになるという。StorageTekには約7100人の社員がいるが、これらの社員はSunのMark Canepa(ストレージ製品担当エグゼクティブバイスプレジデント)の指揮下に入ることになる。

 McNealyによると、StorageTekが加わることで、Sunでは売上や利益が増加し、またキャッシュフローも改善するという。買収はすべて現金で処理され、SunはStorageTekの11億ドルの手元資金も手に入れることになる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連キーワード
開発

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算