編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事まとめ:DX推進、IT人材や内製化動向

ターボリナックス、TLAS2.0向けにポータルサイト構築ツールを無償提供

ニューズフロント

2006-07-05 23:41

 ターボリナックスは7月5日、アプライアンスサーバ用Linux OS「Turbolinux Appliance Server 2.0(TLAS2.0)」向けに、ポータルサイト構築用ツールを提供すると発表した。オープンソースソフトウェア(OSS)のコンテンツ管理システム(CMS)「XOOPS」と「PukiWiki」をプラグイン化して無償提供する。

 TLAS2.0は、専任の管理者がいないSOHOや教育機関などに向けたサーバ用Linux OS。今回は、コミュニティサイト構築ツールとして人気の高いXOOPSと、グループ内での情報共有/整理向けツールであるPukiWikiという、PHPベースのCMSをプラグイン化して提供する。

 これらプラグインを使うことで、専門知識を持たない管理者でも、TLAS2.0上でポータルサイトやコミュニティサイトを短期間に構築、運用できるという。

 ターボリナックスでは5月に、OSSのウェブメールツール「Open WebMail」などを5種類のツールを、TLAS2.0向けプラグインの第1弾として提供開始しており、XOOPS、PukiWikiのプラグイン提供は、これに続くものという。

 いずれのプラグインも、TLAS2.0のパッケージ管理ツール「Turboプラス」から、十数秒程度で導入できる。またTLAS2.0が備えるウェブブラウザベースの管理インタフェースから、各プラグインの管理インタフェースへ、シームレスに移動できるという。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]