編集部からのお知らせ
量子コンピューティングへの注目
特集まとめ:高まるCISOの重要性

ヨドバシカメラ、mySAP SCMを中核としたRFIDプロジェクトを稼動

CNET Japan Staff

2006-07-13 15:11

 SAPジャパンは7月12日、ヨドバシカメラの物流センターが日本初の商用RFID(無線ICタグ)適用プロジェクトを5月30日に本格稼動させたことを発表した。

 ヨドバシカメラは、このプロジェクトにおいてmySAP SCMのRFID対応製品「SAP Auto-ID Infrastructure(SAP AII)」を採用し、システム基盤となるSAP NetWeaverプラットフォーム上でSAP AIIとmySAP ERPとを連携させているという。

 なお、SAP AIIは世界的に規格統一が進められている商品コード体系の「Electronic Product Code(EPC)」に標準機能として対応している。

 今回のRFIDシステム立ち上げによって、ヨドバシカメラは、さらなるシステムの自律化を進め、業務プロセスの効率化と最適化を図るとしている。今回対象となった範囲は、入荷検品作業の省力化・正確性向上、仕入先との新入荷プロセス確立、在庫管理・仕入先管理を含めた業務自動化である。

 このRFIDシステム構築プロジェクトは2005年末に発足し、実質6カ月未満での稼動を実現したという。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]