編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

ヴイエムウェア、「VMware Server」の無償提供を開始

CNET Japan Staff

2006-07-14 19:56

 ヴイエムウェアは7月14日、仮想化ソフトウェアである「VMware Server」製品版の提供を開始したことを発表した。同製品は、5カ月間で70万件を超えるダウンロードが行われたベータテストを経て提供が開始されている。

 VMware Serverは、2001年に発表された「VMware GSX Server」の後継製品。LinuxおよびWindowsサーバを使用するユーザーは、物理サーバを複数の仮想マシンに分割することで新たなサーバリソースを、迅速に構築、調達することが可能になる。

 また、「VMware VirtualCenter」を使用することで、VMware Serverの展開において、集中的なプロビジョニング、監視、管理が可能。さらに、エンタープライズクラスの有償サポートの提供により、基幹業務においても安心してVMware Serverを導入することが可能になる。

 VMware Serverは、同社のウェブサイトより無償でダウンロードすることが可能。有償サポートは、ヴイエムウェア製品代理店およびOEMパートナーより提供。サポート料金は7万円〜10万円。また、VMware Server用のVMware VirtualCenterは2プロセッサあたり9万6000円となる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]