編集部からのお知らせ
量子コンピューティングへの注目
特集まとめ:高まるCISOの重要性

ビジネスケータイも声で操作--アドバンスト・メディア、FOMA M1000用ツールを開発

吉澤亨史

2006-07-18 21:36

 アドバンスト・メディアは7月18日、NTTドコモの携帯電話「FOMA M1000」で利用できるビジネス統合ツール「AmiVoice Mobile Tools - Biz Pack for M1000」を8月1日より法人向けに販売すると発表した。ASP形式のサービスで、音声認識技術によりM1000からの音声で操作できる。

 AmiVoice Mobile Tools - Biz Pack for M1000は、ビジネス統合ツールとして、業務報告を簡単に作成できる「AmiVoiceメモ」、ネットワーク型電話帳である「AmiVoice電話帳」、ビジネスメール機能の「AmiVoiceメール」、スケジュール登録ツール「AmiVoiceスケジューラー」、ジョルダンの協力による鉄道経路検索機能「AmiVoice乗換案内」を搭載している。

 各機能は「AmiVoiceランチャー」のボタンからアクセスでき、音声認識技術により音声での操作に対応している。従来の音声対応ASPサービスでは、音声データをサーバに送り、サーバ上ですべての処理をしていた。しかしこのサービスでは、携帯電話上で音声認識の前処理機能を搭載し、サーバと分担して認識処理をする「分散型音声認識(DSR)」を採用している。これにより音声認識の精度を向上し、処理時間を高速化した。

 アドバンスト・メディアは、AmiVoiceをDSR技術を活用したビジネスパッケージの第一弾と位置づけており、今後はNTTドコモのM1000以外の携帯端末向けにも開発、提供していく計画だ。また、特定の業務に特化した製品も展開し、新しい分野でのユーザーの要望に応える、携帯端末を活用した業務効率化システムを受託開発していくという。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 経営

    5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは

  2. ビジネスアプリケーション

    たしか、あのデータは、こっちのアプリにあったはず…--業務改善のためのアプリ導入がストレスの原因に?

  3. 開発

    初心者でもわかる「コンテナとは?」から語るセミナー、ピュア・ストレージが最大の買収で得たものとは

  4. 運用管理

    リモートワイプ以外も充実、最新MDMのデバイス管理機能 担当者が知っておくべき3つの新常識

  5. 経営

    ノートPCは従来ながらの選び方ではダメ!新しい働き方にも対応する失敗しない選び方を徹底解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]