インテル、Montecitoを発表--消費電力あたりの性能向上は最大2.5倍

藤本京子(編集部) 2006年07月19日 20時38分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 インテルは7月19日、Itanium 2ファミリーで初のデュアルコア版となる「デュアルコア インテル Itanium 2プロセッサファミリー9000番台」(開発コード名:Montecito)を発表した。

Intel 副社長 兼 デジタルエンタープライズ事業本部長 Thomas Kilroy氏 Intel 副社長 兼 デジタルエンタープライズ事業本部長 Thomas Kilroy氏

 デュアルコアのItanium 2は、前世代のシングルコアItanium 2と比べ、「パフォーマンスが最大2倍以上となり、消費電力は最大20%削減できる。つまり、消費電力あたりの性能向上は最大2.5倍だ」と、Intel 副社長 兼 デジタルエンタープライズ事業本部長 Thomas Kilroy氏は説明する。トランジスタの数は17億2000万個で、最上位製品の9050では従来製品の3倍近い容量のキャッシュを搭載している。

 新Itanium 2では、仮想化技術「インテル バーチャライゼーション・テクノロジー」(VT)が組み込まれており、バーチャルマシンモニターに対するサポートが拡大される。Kilroy氏によると、Itanium搭載システムの売上金額は、Sun MicrosystemsのSPARC搭載システムやIBMのPower搭載システムと比べて急速に成長しており、中でも日本での成長が顕著だというが、「日本での導入が進んでいるのも、VTでレガシーマイグレーションが効率的に実現できるためだ」と述べた。なお、IDCではワールドワイドでのItaniumシステムの2010年までの年平均成長率を24%と予測している。

 またKilroy氏は、2005年9月に設立されたItanium Solution Allianceの加入企業が急速に伸び、現在74社の参加メンバーがいることについて触れ、「Itanium対応のアプリケーションも8200以上にのぼっている」とした。

 Itaniumが順調に成長を続ける理由について、Kilroy氏は、性能が向上していることやアプリケーションのサポートが拡大したこと、消費電力の削減など、すべてが貢献していると話す。また、メインフレームからの移行をターゲットとするため、信頼性の高さも大きいとした。

 発表会場には、Itanium Solutions Allianceの日本地域委員会から、18日にすでに新Itanium搭載システムを発表したNECの執行役員常務 丸山好一氏も登場した。丸山氏は、同日セゾン情報システムが同アライアンスに参加したことや、これまで開催してきたLinuxベースやWindowsベースのシステム開発者に向けた支援プログラム「Developer Days」において、HPC分野を対象としたプログラムも10月に開催すると述べた。

 インテルのItaniumに対する投資額は明らかにされていないが、過去5年間で5世代の製品を投入しており、現在も3製品を開発中。また、Itanium Solutions Allianceとしては、業界全体で2010年までに100億ドルを投資するとしている。

 新Itanium 2(シングルコア1製品を含む)の製品番号とスペック、1000個受注時の単価は以下のとおり。

  • デュアルコア インテル Itanium 2 プロセッサー 9050
    動作周波数:1.60GHz、533MHz/400MHz システムバス、104W TDP、24MB L3キャッシュ搭載
    424,580円
  • デュアルコア インテル Itanium 2 プロセッサー 9040
    動作周波数:1.60GHz、533MHz/400MHz システムバス、104W TDP、18MB L3キャッシュ搭載
    227,700円
  • デュアルコア インテル Itanium 2 プロセッサー 9030
    動作周波数:1.60GHz、533MHz/400MHz システムバス、104W TDP、8MB L3キャッシュ搭載
    178,480円
  • デュアルコア インテル Itanium 2 プロセッサー 9020
    動作周波数:1.42GHz、533MHz/400MHz システムバス、104W TDP、12MB L3キャッシュ搭載
    104,650円
  • デュアルコア インテル Itanium 2 プロセッサー 9015
    動作周波数:1.40GHz、400MHzシステムバス、104W TDP、12MB L3キャッシュ搭載
    86,130円
  • インテル Itanium 2 プロセッサー(シングルコア)9010
    動作周波数:1.60GHz、533MHz/400MHz システムバス、75W TDP、6MB L3キャッシュ搭載
    80,040円

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
IT部門の苦悩
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算