編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

ネットワールドとアイベクス、クライアント操作履歴を記録するCitrixサーバ向けソフト

ニューズフロント

2006-07-28 19:21

 ネットワールドとアイベクスは7月28日、ターミナルサービス用サーバCitrix Presentation Server上のクライアントの操作履歴を記録するソフト「Meta Logger」の販売を開始した。税別価格は、インストール用メディアキットが5000円、1ユーザー当たりのアカウントライセンスが9000円、1接続当たりの同時接続数ライセンスが1万7000円となる。

 Citrix Presentation Serverは、シンクライアント環境を構築するためのシトリックス・システムズ・ジャパン製サーバソフト。Meta Loggerは、アイベクスが開発したCitrixサーバ用の端末操作記録ツールだ。Citrixサーバにインストールすると、クライアント端末でのアプリケーション起動やファイル保存、文書印刷、ウェブアクセスなど、ユーザーの操作履歴をアカウントごとに記録できる。

 両社によると、「Citrix Presentation Server上のクライアントログ収集には、高価で導入の手間がかかったり、詳細情報が記録できなかったりといった課題が多かった」という。「(Meta Loggerを使うと)1ユーザー当たり1万円以下の低価格で、アプリケーション使用率の解析や印刷ログの記録により、資産管理や不必要な印刷抑止などの効果が得られる」(両社)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]