必要なサポートを与えてもらうための10の上司操縦法 - (page 2)

文:Becky Roberts 翻訳校正:吉井美有

2006-08-08 08:00

#6:上司に、昼ご飯をおごってくれてもいい頃だと言う

 もしくは、ランチミーティングを計画するよう提案するか、たまにはピザでもとりましょうかと提案してみよう。

#7:思いやりを示してみる

 例えば「その仕事はご勘弁という感じです。マネジメントの仕事は本当に大変ですから。わたしにはあなたがどうやってその役割を果たされているのかわかりません。わたしにやれと言われたとしても、何から手をつけたらよいか見当もつかないでしょう。人とのやり取りが得意ではないわたしには、『やあマイク、あのアップグレードでの仕事ぶりには感心したよ』などとは言えそうにありません。本当です。そういったことは簡単には言えないのです」と言ってみるのはどうだろう。もちろん、上司はおそらく、あなたのことをどうかしている思うだろうが、上司の琴線に触れ、心を開いて同意してもらえる可能性もある。

#8:フィードバックをしてもらえるよう強く主張する

 公式な評価プロセスがないか、あっても不適切である場合、新たに評価プロセスを導入するか、既存のプロセスを改善してもらえるよう人事部門に頼んでみる。それによって、最低でも1年に1回は上司と話す機会を得られるようになるうえに、もしかしたら業務上のパフォーマンスについて上司からフィードバックを得られるようにもなるかもしれない。

#9:よりよいコミュニケーションに向けて努力する

 上司と定期的にコミュニケーションをとる仕組みを作ろう。あなたの上司がコミュニケーションは得意でないという場合はなおさらだ。プロジェクトについての議論や、目標設定といった目的でミーティングを設定してもらえるよう頻繁に依頼してみよう。

#10:優先順位を共有する

 毎週月曜日の朝、その週におけるあなたの目標のリストを上司に電子メールで送信し、作業の優先順位づけや、漏れている作業の洗い出しに手を貸してもらえるよう頼んでみよう。運がよければ、これでコミュニケーションの端緒を開き、あなたが行っている作業や、あなたがどんなに真面目な従業員かということを上司に知ってもらい、上司に対してはその優先順位をあなたに説明する機会を提供できるようになる。これが望みどおりの結果にならなかったとしても、あなたの努力がまったく無駄になることはない。役に立つ週次のTo-Doリストを作成できたことになるのだから。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]