編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

エンタープライズレポーティングのニーズを100%満足させる「Actuate 9」

山下竜大(編集部)

2006-08-23 20:26

 Actuateは8月21日〜23日の3日間、マサチューセッツ州ボストンで開催しているユーザーカンファレンス「2006 Actuate International User Conference」の基調講演で、2006年7月に発表されたエンタープライズ向けレポーティングプラットフォーム製品「Actuate 9」の製品概要について紹介した。

 Actuate 9は、開発者がレポーティング機能を開発するための「BIRT(Business Intelligence and Reporting Tools)」、パワーユーザーがアドホックなレポーティングを行うための「BusinessReport」、カジュアルユーザーが容易にレポート出力機能を使用できる「Interactive Viewing」の3つの製品をベースに構成されるエンタープライズレポーティングプラットフォーム製品。利用者は、それぞれのスキルに見合ったレポーティング環境を使用することができる。

 最大の特長は、3つの製品が同社の推進するオープンソースプロジェクトである「BIRT」をベースに、コラボレイティブ・レポーティング・アーキテクチャに基づいて開発されていることだ。

コラボレイティブ・レポーティング・アーキテクチャ コラボレイティブ・レポーティング・アーキテクチャに基づくActuate 9により、開発者とパワーユーザー、カジュアルユーザーの間のギャップを埋めることができる。

 BIRTは、オープンソースの統合開発環境であるEclipseを利用して効率的にビジネス・インテリジェンス(BI)環境とレポーティング環境を実現するためのプロジェクト。2004年10月にスタートし、2006年6月には最新バージョンである「BIRT 2.1」が公開されている。2006年第2四半期までに、すでに約26万件がダウンロードされている。

 「トラディショナルな製品では、開発者、パワーユーザー、カジュアルユーザーごとにアーキテクチャも使い勝手も全く違う製品が提供されていた。そのため開発者とパワーユーザー、カジュアルユーザーの間にギャップが生まれ、それぞれのスキルがサイロ化し、効果的なコラボレーションを阻害していた」とActuateのプロダクトマネージメント担当バイスプレジデントであるPaul Clenahan氏は言う。

 同氏は、「Actuate 9では、開発者、パワーユーザー、カジュアルユーザーは、それぞれのスキルにあったBIRTをベースとしたレポーティング環境を利用できることから、開発者とパワーユーザー、カジュアルユーザーの間にギャップのない、より効果的かつコラボレイティブなBI環境を実現できる」と話している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]