編集部からのお知らせ
New! 記事まとめ「ISMAP-LIU」
話題の記事まとめ「通信障害と社会リスク」

NEC、Winny遮断やURLフィルタリングが可能なアプライアンスサーバを発売

ニューズフロント

2006-08-24 18:43

 NECは8月24日、Winnyの通信遮断などが可能なインターネット接続用アプライアンスサーバ「Express5800/SG300c」「Express5800/CS200c」「Express5800/CS500b」の販売を開始した。

 SG300cは、ファイアウォール機能を提供する装置。WinnyやShareなどによるPtoP通信を遮断することで、社内からの情報漏えいを防ぐ。通信遮断は暗号化された通信データを解読して実行するため、通信パターンから内容を推測する方式と異なり、PtoPソフトの通信をすべて止められるという。

 CS200cとCS500bは、プロキシサーバ機能を提供する。ウイルス/ワームやスパイウェア、詐欺などにかかわる悪質なウェブサイトへのアクセスを遮断するため、URLフィルタリング機能を搭載。1日3回以上更新するデータベースを参照し、危険性の高いウェブサイトかどうかを判断する。

 各製品の希望小売価格は以下のとおり。NECでは、今後1年間で2000台の販売を見込む。

  • Express5800/SG300c:98万円
  • Express5800/CS200c:88万円
  • Express5800/CS500b:158万円

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]