編集部からのお知らせ
スタート直前の5Gをチェック!
PickUp! オンラインストレージの進化と課題

ワイズノット、デジタルガレージグループと資本提携--OSS事業を拡大

ニューズフロント

2006-10-12 20:25

 オープンソースソフト(OSS)によるASPサービスとシステム構築を手がけるワイズノットは10月12日、デジタルガレージグループと資本提携したと発表した。ワイズノットが、デジタルガレージ傘下の投資ファンドを引受先として、第三者割当増資を実施した。

 増資の引受先となったのはデジタルガレージの100%子会社で、新規事業開発と戦略的投資を手がけるDGインキュベーション(DGI)が運営する「DGニューコンテクストファンド投資事業有限責任組合」。同ファンドでは、ワイズノットの発行済み株式の2.5%を保有する。

 DGニューコンテクストファンドは、DGIと日本アジア投資(JAIC)が立ち上げたコーポレートベンチャーキャピタル(CVC)。今回の資本関係を通じて、ワイズノットに企業運営や株式公開のノウハウ、ネットワークを提供し、経営支援を行っていくとみられる。

 ワイズノットでは、調達資金をもとにOSS関連事業の活性化と拡大を図るとしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]