編集部からのお知らせ
HCIの記事をまとめた資料ダウンロード
記事集:クラウドのネットワーク監視

NEC、モバイル向けインターネット基盤「NEMIP」を強化、MVNOもiモードを提供可能に

ニューズフロント

2006-10-20 17:41

 NECは10月20日、モバイル機器向けインターネット基盤「NEC Mobile Internet Platform(NEMIP)」を機能拡張し、複数の携帯電話事業者間でiモードサービスの共有を可能にしたと発表した。

 NEMIPは、ゲートウェイシステムとメールサーバシステムを中核とする通信サービスプラットフォーム。携帯電話用パケット通信ネットワーク上でインターネットのアプリケーションサービスを利用可能とするほか、携帯電話用の電子メールサービスおよびマルチメディアメッセージングサービス(MMS)を提供する。加入者/コンテンツプロバイダ管理、サービス管理、代行課金、リアルタイム課金などの機能も備える。

 ギリシャの携帯電話キャリアであるCOSMOTE Mobile Telecommunicationsが2004年にNEMIPを採用し、現地でiモードサービスを提供してきた。

 NECは、サービスの共有を行えるようNEMIPの機能を拡張した。これにより、仮想移動体サービス事業者(MVNO)など自前のネットワーク基盤を持たない事業者でも、他社のNEMIPを利用してサービスを提供できるようになった。

 COSMOTE傘下のブルガリアCosmo Bulgaria Mobile EAD(GLOBUL)が機能拡張版NEMIPを導入し、現地でiモードサービスの提供を開始した。GLOBULは、ブルガリアで市場シェア約40%を占める第2位の移動通信事業者である。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]